So-net無料ブログ作成

オリエント急行へのオマージュ6日目〜ウィーン現代建築を巡る [建築探訪]

ウィーンの建築は王朝時代の歴史的建築だけでなく
現代建築と調和しているところが素晴らしいと感じます[ぴかぴか(新しい)]
P1030925.jpg
建築のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞したハンス・ホライン設計
1972-74年に建てられた宝石店 シュリン



P1030956.jpg
こちらも宝石店シュリン[プレゼント]



19世紀末から20世紀初頭のウィーンにおける重要な建築家といえば
オットー ヴァーグナーとアドルフ ロースの二人が挙げられます[ペン]
P1030984.jpg
ミヒャエル広場の一角にあるロースハウスは
1911年建築家アドルフ・ロース設計[ぴかぴか(新しい)]
上層の壁面に装飾が全くないことで
王宮前には相応しくないと当時批判を受けました[たらーっ(汗)]



P1030995.jpg
馬車との光景もとてもお似合い[ぴかぴか(新しい)]
chiho「さすがアドルフ・ロース先見の明あり〜[パンチ]
鉄人太郎「今夜の晩ごはん先に予約していこう[わーい(嬉しい顔)]
P1030947.JPG

P1030948.JPG
chiho「夜は音楽会もあるのにここにたどり着いた時はきっとふらふらョ・・[ふらふら]素敵なDinnerは時間かけてゆっくり味わいたいけど・・[たらーっ(汗)]


nice!(28)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

オリエント急行へのオマージュ6日目〜ウィーンの建築・ペーター教会 [建築探訪]

P1030922.JPG
ローマ時代から12世紀末まで堀=グラーベンが残っていたことから
グラーベン通りと名付けられた歩行者天国の高級店街[カバン]
懐かしいなあ。。。
近くにあったお気に入りケーキ屋さんまだあるかなあ。。。[バースデー]



P1030923.jpg
グラーベン通りにはペスト記念柱(三位一体記念碑)が立っています
1678~79年にかけてウィーンでペストが大流行10万人以上の命が奪われました
当時の皇帝レオポルト1世はペストが終息したことを神に感謝するため
フィッシャー・フォン・エルラッハたちに命じて柱を建立


IMG_0157.jpg
グラーベンの奥にペーター教会が立っています
フランク王国のカール大帝によって792年に建立され
1702~08年にかけて建築家ヨハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラントが
バロック様式に改築した教会です


P1030929.jpg
内部の主祭壇


P1030938.JPG
オルガン[るんるん]
コンサートはほぼ毎日のようにコンサートが行われています



P1030933.JPG
天井画はメルクの礼拝堂の天井画を描いたロットマイヤーの作
フレスコ画「聖母マリアの被昇天」です
IMG_0159.jpg





nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。