So-net無料ブログ作成

お茶のある人〜お茶のある暮らし [茶道]

お茶のお稽古は5月終わりから炉から風炉のお点前に変わりました[NEW]
「炉風呂3年」といわれる風炉の3度目にいよいよ突入します[パンチ]
とはいえchiho's稽古は忙中閑あり 月に1〜2度のローペースなので
炉風呂6年経過してやっと同等レベルに到達でしょう・・・[exclamation&question]
IMG_0002.jpg
そんな複雑な思いでK先生にご挨拶[ハートたち(複数ハート)]
お床には『白雲 素心青山寿』のお軸[ぴかぴか(新しい)]
未央柳と 白い斑点の美しい矢筈すすき 大和撫子[かわいい]
しっとり奥ゆかしさを感じる梅雨の茶花たち[ハートたち(複数ハート)]


IMG_0004.jpg
一足早くお稽古入りしていた 茶太郎の盆点風景[わーい(嬉しい顔)]
裏千家では茶通箱・唐物点・台天目・盆点を四ヶ伝(しかでん)と呼びます[ペン]
小習いの基本的な点前を習っているchiho's段階よりさらに上に位置します[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
茶太郎が仕事へ向かったあとは マンツーマンとなりみっちりお稽古[黒ハート]


”強き稽古もの数をつくせよ”
      〜世阿弥のことば〜

稽古をたくさん重ねて自分のものにする
体得するまでやらないと本物にはならない
という意味[ぴかぴか(新しい)]

「お茶でも音楽でも何事でもそうではないですか?」とK先生

「お茶のこころはすべてに通じていますから、お茶のある人、茶人になってくださいね[ハートたち(複数ハート)][わーい(嬉しい顔)]

お茶のある人。。。素敵な響き。。。

花のある人なら知っているけれど
お茶の心を兼ね備えた人を お茶のある人とは初めて聞きました

お茶のある音楽 
お茶のある暮らし
お茶のある人・花のある人を目指して 
細く長くこころを磨いていきたい[ハートたち(複数ハート)]

お茶のお稽古は お茶を学ぶだけでなく
K先生との会話の中で 師と弟子の両方の気持ちを学ぶ
かけがえのない時間になっています[ハートたち(複数ハート)]

K先生にお茶を習えてしあわせ・・[ハートたち(複数ハート)]としみじみ感じ入りながら
宇治から堺へしなやかなドライブで家路につきました[車(セダン)]