So-net無料ブログ作成

ヴィオラスペース〜心豊かな音楽 [音楽]

今井信子さんをはじめ世界を代表するヴィオラ奏者(バシスト)たちが
ザ・フェニックスホールにおいて「ヴィオラスペース2011」を開催されました[るんるん]

華やかな高音のヴァイオリンや 渋い低音のチェロなどに比べて
中音域のヴィオラは どちらかと言えば地味な楽器というイメージがありますが
独立した楽器として ヴィオラの魅力をたくさんの人に伝えたいという思いから
今井さんが初めは一人でリサイタルを開いたのをきっかけに 
2人3人・・・と増え続け今年20周年記念演奏会を迎えられました[ぴかぴか(新しい)]

演奏会前に フェニックスタワーの燦でお夕飯[バー]

IMG_8786.jpg
被災地復興支援メニューの中から 宮城県産金華鯖の一夜干し 
などいただきました[レストラン]
燦から見える夜景百選 晴れたら最高なのですが 
残念ながら大阪梅田の街並みも雨に濡れて殆ど見えません[雨]



〜大阪公演プログラム〜
ドヴォルザーク 三重奏曲2番
ヒンデミット 無伴奏ヴィオラソナタ
藤倉大 委嘱新曲 ドルフィンズ(本邦世界初演)
ブリッジ 2つのヴィオラのためのラメント
クルターグ 「サイン・ゲーム・メッセージ」より
フランク:ヴィオラ・ソナタ (原曲:ヴァイオリン・ソナタ)


コンサートのすみずみまでヴィオラへの愛情が溢れる素晴らしい演奏会で
大雨の中にもかかわらず会場にいらしたヴィオラファンから拍手喝采bravoの一夜でした[雨]

中でも アントワン・タメスティの奏でるストラディヴァリウスの響きは
身体を突き抜けるほど官能的な音色。。。
この世の音ではない魂の響き。。。

藤倉大 作曲「ドルフィンズ」を
今井さんとキム・カシュカシアンによって世界初演され
ヴィオラヴィオラの醍醐味を味わうしあわせに包まれるひとときでした
音楽が限りなく広がっていく素晴らしい作品。。。

ラストは 今井さんと野平一郎さんのフランクソナタ
年月を重ねて 音楽が重なり合い 人の心が重なり合う 
熟成されたワインとチーズのような格別の演奏でした[るんるん]

コンサート前々日には相愛大学でも
「若手演奏家のための公開マスタークラス」が開催され後進の指導にも力を注いでいらっしゃいます[るんるん]

「華やかな音楽より 心豊かな音楽を作るような人を」と今井さん

人の心に語りかけてくる音楽こそ 目指すところなのだと。。。[黒ハート]


大阪を皮切りに東京名古屋と公演が続きますので 
ヴィオラの宇宙を 是非お楽しみくださいませ[るんるん]





nice!(32)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。