So-net無料ブログ作成

母から娘へ〜振り袖の着物 [こころに響く出来事]

IMG_7415.JPG
アンドラーシュ・シフのいずみホールリサイタルの日[晴れ]



来年成人式を迎える着物好きのマルチが chiho's振り袖を是非着たいというので
懐かしい学生時代 芸大謝恩会で着た 振り袖や帯など一式を 両親が届けてくれました[リボン]
IMG_7409.JPG
「うわぁ〜〜 なつかしい〜〜[かわいい]」*^_^*




もうかれこれ20数年ぶりの着物との再会 
マルチのおかげで ようやく日の目を見ることに。。。[晴れ]
振り袖は未婚でないと着られませんから 勿体ないですね[あせあせ(飛び散る汗)]




こまめに虫干ししたり お手入れが大変ですから 
マメな性格でないととても管理できません・・・うう[たらーっ(汗)][ふらふら]


茶室の釜開きやお茶会もあるので これから着物を着る機会が増える見込み。。。

母から娘に受け継がれ 袖を通す日が 待ち遠しいです[ハートたち(複数ハート)]





その夜は満月でした[満月]
IMG_7417.JPG

いずみホールに シフの奏でる魔法のピアニズムが響き渡りました[るんるん]

プログラムは 
ベートーヴェンが到達した究極の3つのソナタ
op.109 op.110 op.111を ノンストップで演奏しました[ぴかぴか(新しい)]

シフならではの独特のアナリーゼが 随所に溢れ出る演奏で

次の展開どうなるのだろう・・・とわくわくしながら酔いしれました[バー]

とりわけ pp(ピアニッシモ)から さらにもっと弱い音が 限りなく極小で
pppppppppp(ぴあにっしししししししししも)なんていう記号が浮かぶほど
音の消えゆく瞬間があまりに美しく 吸い込まれるよう[ぴかぴか(新しい)]

儚く消えてゆく音に ベートーヴェンの人生を重ね合わせて しみじみ聴き入りました[るんるん]


聴きながら 
マルチが小学1年生の頃 いずみホールの2列目真ん中シートで
シフのバッハ演奏を聴いた日のことを 思い出しました[るんるん] 


chiho「シフの演奏 どうだった[exclamation&question]」と尋ねたところ

マルチ「ほっぺたが ぶるぶるしてた(#^_^#)」

chiho「へっ[exclamation&question]それだけ[ふらふら]

マルチ「うん 音が綺麗かった(*^_^*)」[カバン]



音の風景は 時の過ぎゆくままに 人のこころに語りかけるものだなあ。。。と

思いに耽る一日でした[黒ハート]







nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽