So-net無料ブログ作成

オリエント急行へのオマージュ6日目〜ウィーン現代建築を巡る [建築探訪]

ウィーンの建築は王朝時代の歴史的建築だけでなく
現代建築と調和しているところが素晴らしいと感じます[ぴかぴか(新しい)]
P1030925.jpg
建築のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞したハンス・ホライン設計
1972-74年に建てられた宝石店 シュリン



P1030956.jpg
こちらも宝石店シュリン[プレゼント]



19世紀末から20世紀初頭のウィーンにおける重要な建築家といえば
オットー ヴァーグナーとアドルフ ロースの二人が挙げられます[ペン]
P1030984.jpg
ミヒャエル広場の一角にあるロースハウスは
1911年建築家アドルフ・ロース設計[ぴかぴか(新しい)]
上層の壁面に装飾が全くないことで
王宮前には相応しくないと当時批判を受けました[たらーっ(汗)]



P1030995.jpg
馬車との光景もとてもお似合い[ぴかぴか(新しい)]
chiho「さすがアドルフ・ロース先見の明あり〜[パンチ]
鉄人太郎「今夜の晩ごはん先に予約していこう[わーい(嬉しい顔)]
P1030947.JPG

P1030948.JPG
chiho「夜は音楽会もあるのにここにたどり着いた時はきっとふらふらョ・・[ふらふら]素敵なDinnerは時間かけてゆっくり味わいたいけど・・[たらーっ(汗)]


nice!(28)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 28

コメント 1

orange

テラス席が用意される季節になって雪ですね。
年末に滞在した折りには、雪は降らず...
連休頃までは安心できませんね。Aprilwetter...
by orange (2014-04-09 21:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。