So-net無料ブログ作成

オリエント急行へのオマージュ3日目〜オスマン建築・ブルーモスク [世界遺産]

DSC00501.jpg
ブルーのタイル装飾が壮麗なことから 
「ブルーモスク」と呼ばれるスルタンアフメット・ジャーミー[ぴかぴか(新しい)]
入口のカリグラフィーも印象的で美しい[ハートたち(複数ハート)]

P1020806.JPG
くぐり抜けるとイスラム教寺院の姿が飛び込んできます[目]
オスマントルコ帝国当時のスルタンアフメット一世が建設を命じ1616年に完成


DSC00514.JPG
青と白が基調のイズニックタイルが2万枚
パステルカラーの素晴らしい空間[ぴかぴか(新しい)]
門や窓に施された真珠母とべっ甲の装飾も美しく
こちらは設計を担当した建築家メフメット・アーという職人の手によるもの


P1020811.JPG
内部の礼拝の様子
スカーフを頭に被って入場しました[ぴかぴか(新しい)]


P1020819.jpg
モスクの周りにはミナレットと呼ばれる尖塔が1~4基設置されます
一番大きいモスクでも4基が普通ですが
このスルタンアフメットモスクには世界唯一6基のミナレット[exclamation]

当時スルタンの「金のミナレットを造るよう」にとの命令で
「アルトゥン(金)」を「アルトゥ(6)」を聞き間違えた建築家が
「6本のミナレット」を建ててしまったという説[耳]


P1020824.JPG


DSC00521.JPG
ブルー・モスクの出口をでると
すぐ目の前にはアヤソフィアが聳えて見えています[ぴかぴか(新しい)]


P1020827.JPG
振り返ると 
アヤソフィアと対峙してブルーモスク[揺れるハート]
素晴らしい景観をしっかりとこころと目に焼き付けました[黒ハート]




nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0