So-net無料ブログ作成

お茶のお稽古〜名残月・最後の風炉濃茶点前 [茶道]

お茶の世界では 10月は風炉の最後の月となり 
去りゆく秋を惜しみながら 5月から過ごした風炉との別れを
名残惜しむ月であることから「名残月」と呼ばれています[ぴかぴか(新しい)]
IMG_0002.jpg
お床には秋明菊・シュウメイギク 秋を惜しむように飾られていました[かわいい]
シュウメイギク花言葉[かわいい]薄れゆく愛 忍耐[ぴかぴか(新しい)]
侘びた風情が漂います・・


IMG_0005.jpg
「中置き」の濃茶点前のお稽古が始まりました[ぴかぴか(新しい)]
秋も深まり朝夕冷気を覚える季節 お客さまに火気を近づけ 水指を遠ざけて
暖かみを感じていただくという 優しい思いやりのこもった中置き濃茶点前[ハートたち(複数ハート)]



IMG_0007.jpg
栗のお菓子もまろやかでしっとり[ハートたち(複数ハート)]

名残惜しい風炉最後の濃茶点前を終えて
次回は11月炉開きを待つばかり。。。
炉→風炉→炉→風炉 炉風呂2年過ぎたのだなあ・・と
しみじみ感慨深い思いで家路につきました[三日月]





nice!(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 37

コメント 2

旅爺さん

名残月を厳かな気分でしかも風流に楽しまれて
過ぎ行く季節に新たな思いを馳せて・・・素晴らしい過ごされ方ですね。
by 旅爺さん (2012-10-21 10:40) 

chiho

旅爺さん♬
名残惜しむ心 愛おしむ心
音楽もお茶も本当によく似ています^^
何より素晴らしい先生に
まごころからのご指導を仰げることに感謝です☆彡
by chiho (2012-10-21 20:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0